SNSカウンセリング入門
LINEによるいじめ・自殺予防相談の実際
もくじ

まえがき

序章 SNS相談を取り巻く状況
アカデミック・アドバイザーのコラム:LINE相談と変化のステージ

1 なぜSNS相談なのか?
 1.若者のコミュニケーション形態の変化と悩み相談の現状
 2.専門家の消極的な対応
 3.SNS相談に向けられがちな批判や疑い
 (1)文字とスタンプだけでは悩み相談はできないのでは?
 (2)個人情報保護や秘密保持に問題があるのではないか?
 (3)スタンプ連射のような相談にならないメッセージが押し寄せるのでは?
 (4)相談が文字で残ることは負担ではないか?
 (5)コミュニケーションの歪みがますますひどくなるのでは?
 4.SNS相談のメリットとデメリット
 (1)LINE相談のメリット
 (2)LINE相談のデメリット
 5.海外におけるSNS相談の動向
 (1)アメリカにおけるSNS相談
 (2)情報通信技術を利用した心理援助の効果の研究
 6.LINE相談の実践経験から
 (1)中高生のLINE相談へのニーズは非常に高い
 (2)LINEでの相談は有効である
 (3)LINEに適合したカウンセリングの技術が必要である
相談員のコラム1:相談初日に飛び込んできた子どもたちからの問い

2 LINE相談に寄せられる中高生の悩み:統計データから
 1.相談の概要
 2.相談活動の主な統計データ
 (1)アクセス数
 (2)対応数
 (3)電話相談とLINE相談の相談件数の比較
 (4)平均相談回数
 (5)相談時間と吹き出し数
 3.さらに詳しい統計データの考察
 (1)男女比
 (2)学年比
 (3)相談時間内アクセス件数と対応件数の推移
 (4)アクセス回数の分布(全体)
 (5)相談回数の分布
 (6)相談時間
 (7)相談内容
 4.まとめ
相談員のコラム2:LINE相談の経験から学んだこと

3 SNS相談にマッチした相談技術
 1.SNS相談員に求められる前提条件
 (1)SNS相談の社会的意義や可能性を理解し,コミットしていること
 (2)SNSの特性を活かした新しい相談技術を発展させる意欲があること
 (3)文章を理解する力と文章で表現する力があること
 (4)その他の条件
 2.SNS相談における相談員の基本姿勢
 (1)対面の相談における基本姿勢:受動的傾聴
 (2)SNS相談員に求められる基本姿勢:積極的関与
 3.具体的な応答の技術
 (1)共感的で支持的なメッセージをはっきり言葉で伝える
 (2)感情の反射よりも,対話をリードする質問が有用
 (3)情報提供・心理教育を積極的に行なう
 (4)相談者の動機づけを高める
 4.LINEの特性に対応したその他の応答上の工夫
 (1)相談者のテンポと文章量に波長を合わせる
 (2)応答の行き違いやタイムラグに対応する
 (3)絵文字・スタンプの利用
 5.まとめ
相談員のコラム3:重たい相談への対応の工夫

4 SNS相談の相談体制と実施手順
 1.SNS相談の相談体制
 (1)人的体制
 (2)SNS相談のセッティングとIT環境
 2.LINE相談の実施手順
 (1)相談に先立つインフォームド・コンセント
 (2)相談の始め方
 (3)相談の流れ
 (4)相談の終わり方
 (5)緊急事態への対応
相談員のコラム4:SNSを相談ツールに

5 LINE相談の事例研究
 1.事例の提示にあたって
 2.架空事例@:人間関係で悩む中学3年生女子
 3.架空事例A:家族関係で悩む高校2年生男子
 4.架空事例B:死にたいと訴える高校1年生女子
 5.まとめ
相談員のコラム5:扉をたたく勇気に応えたい

6 まとめ:SNS相談の課題
 1.今後に向けての展望
 2.SNS相談の難しさ
 3.今後の課題
 (1)SNS相談に適した効果的な相談技術のさらなる研究
 (2)SNS相談,電話相談,対面相談を円滑につなぐ相談体制のあり方の検討
 (3)予防的・啓発的情報の発信についての研究
 (4)オンライン教材を活用した相談についての研究
 (5)コンピューターによる相談員のアシストに関する技術開発
相談員のコラム6:LINE相談室の中

文献
あとがき