各巻の紹介と改訂のポイント

 

子どもを知る

保育の心理学 I

 無藤 隆(白梅学園大学) 
 藤眞知代(明治学院大学)
 編著

保育実践を念頭に,子どもの心身の発達についての
心理学の知識を体系的に解説。生涯発達の観点から,
他者とのかかわりや初期経験の重要性を示唆。

 第1章 人としての発達を考える
 第2章 家族生活のなかで育つ
 第3章 近隣社会への広がりのなかで育つ
 第4章 学校生活のなかで育つ――知的学び
 第5章 学校生活のなかで育つ――自分と出会う
 第6章 社会に羽ばたくなかで育つ
 第7章 熟年・老年を生きる
 第8章 発達を明らかにする
 コラム

保育の心理学 II

 清水益治(帝塚山大学)
 無藤 隆(白梅学園大学)
 編著

観察等を通して子どもを把握する技術を高め,
子ども理解に基づく適切な発達援助を行うために。
保育者の実践力を養う演習課題を満載。

 第1章 子ども理解における発達の把握
 第2章 個人差や発達過程に応じた保育
 第3章 身体感覚を伴う多様な経験と環境との相互作用
 第4章 環境としての保育者と子どもの発達
 第5章 子ども相互の関わりと関係づくり
 第6章 自己主張と自己統制
 第7章 子ども集団と保育の環境
 第8章 子どもの生活と学び
 第9章 子どもの遊びと学び
 第10章 生涯にわたる生きる力の基礎を培う
 第11章 基本的生活習慣の獲得と発達援助
 第12章 自己の主体性の形成と発達援助
 第13章 発達の課題に応じた援助や役割
 第14章 発達の連続性と就学への支援
 第15章 発達援助における協働
 第16章 現代社会における子どもの発達と保育の課題
 各章演習課題つき

小児保健[新版]

 高野 陽(北陸学院大学)
 加藤則子(国立保健医療科学院)
 加藤忠明(国立成育医療センター研究所)
 松橋有子(実践女子短期大学)
 編著

小児医学・公衆衛生の観点から子どもの保健と
健康の意義を説く。疾病への適切な対応から
健康・安全に係る計画・評価まで。

 第1章 小児の健康
 第2章 小児の発育発達と生活
 第3章 小児の食生活
 第4章 小児の健康づくり
 第5章 小児の疾病とその予防
 第6章 事故と安全教育
 第7章 児童福祉施設における保健
 第8章 地域母子保健と保育
 コラム

精神保健

 松橋有子(実践女子短期大学)
 高野 陽(北陸学院大学)
 編著

子どもの精神保健を生活環境やライフサイクル
の観点から詳述する。現代の心の健康の課題や,
発達障害などのテーマにも鋭く切り込む。

 第1章 子どもと精神保健
 第2章 子どもの生活環境と精神保健
 第3章 子どものライフサイクルと精神保健
 第4章 子どもの心の健康とその障害
 第5章 子どもの発達障害
 資 料 関連する法律
 コラム

子どもの食と栄養

 二見大介(新潟県立大学)
 高野 陽(北陸学院大学)
 編著

妊娠・授乳期から幼児期の食生活に関する
内容を詳説。食育の観点から生涯を通した
食生活の意義を説く。

 第1章 子どもの健康と食生活の意義
 第2章 栄養に関する基本的知識
 第3章 子どもの発育・発達と食生活
 第4章 妊婦・授乳婦の栄養ケア・マネジメント
 第5章 乳児期の授乳・離乳の意義と食生活
 第6章 幼児期の心身の発達と食生活
 第7章 学齢期・思春期の心身の発達と食生活
 第8章 特別な配慮を要する子どもの食と栄養
 第9章 障がいのある子どもの食生活
 第10章 児童福祉施設における食生活と栄養
 第11章 食育の基本と内容・方法
 コラム

家庭支援論[新版]

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 日浦直美(関西学院大学・聖和大学)
 中橋美穂(大阪教育大学)
 編著

「家庭支援」の背景や必要性および目的を理解し,その方法と今後の課題を考察して実践に活かす。 園・家庭・地域のネットワークの中で,保護者や他機関の専門家,地域の人々等とパートナーシップを築きながら,子育てに携わる保育者になるために。子ども・子育て支援政策の動向もふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1部 理論編
  第1章 家庭とは何か?
  第2章 家族と子育て
  第3章 現代家族の子育てと支援の必要性
  第4章 子育て支援の方法
  第5章 家庭支援の展望と課題
 第2部 実践編
  第6章 保護者の心を聴くために
  第7章 さまざまな家族とのかかわり
  第8章 保育所・幼稚園・地域子育て支援センターでの取り組み
 コラム
 付 録 「家族援助」の視点からみたポイント

乳幼児心理学

 無藤 隆(白梅学園大学)
 岩立京子(東京学芸大学)
 編著

最新の学術的成果を新たに加えるとともに,
法制度をはじめ教育を巡る昨今の動きに対応。
発達心理学で乳幼児期の子どもの成長を解説。

 第1章 あそびと体験――乳幼児期の特徴とその後の発達への意味
 第2章 乳幼児期の親と子のかかわり
 第3章 乳幼児が世界を知るメカニズム
 第4章 他者の心を知る
 第5章 言葉とコミュニケーションの発達
 第6章 子どもの発達とあそび
 第7章 自己と情動の発達
 第8章 道徳性の芽ばえ
 第9章 幼児期の親子関係・家族関係
 第10章 メディアからの学び
 第11章 発達のつまずき
 コラム

臨床心理学

 無藤 隆(白梅学園大学)
 福丸由佳(白梅学園大学)
 編著

特別支援教育の考え方に対応。
家庭・地域への支援に向けた専門家の連携,
保育者の成長を支える人々のネットワーク。

 第1章 臨床心理学とは何か
 第2章 子どもの発達とそのつまずき
 第3章 子どもの心の問題
 第4章 子どもの心理臨床
 第5章 家族・地域・社会のなかの子ども
 第6章 保育者の成長
 コラム

保育心理学

 無藤 隆(白梅学園大学)
 清水益治(帝塚山大学)
 編著

新しい保育内容5領域に基づき再構成。
子どもにまつわる具体的なエピソードを通し,
心理学の知見からの子ども理解を保育現場に。

 第1章 しなやかな心とからだを育てる
 第2章 人とかかわる力を育てる
 第3章 身近なものとかかわる力を育てる
 第4章 コミュニケーションの力を育てる
 第5章 豊かな表現活動を育てる
 第6章 現代保育における諸問題
 コラム

教育心理学

 無藤 隆(白梅学園大学)
 麻生 武(奈良女子大学)
 編著

素朴な眼で子どもを見つめ書き留める。
質的研究の手法を加味した心理学の新潮流。
新たな気持ちで現場で読み返せる生涯の1冊。

 第1章 教育心理学とは何か
 第2章 自己の育ちと発達
 第3章 子どもたちの学び
 第4章 文化をつなぐもの
 第5章 関係のなかで育つ
 コラム

保育実践のフィールド心理学

 無藤 隆(白梅学園大学)
 倉持清美(東京学芸大学)
 編著

保育の現場で何が起きているのか。
そこで子どもが生活するとはどういうことか。
子どもたちへの豊かで深い理解のために。

 第1章 保育実践のフィールド心理学の理論と方法
 第2章 仲間との出会い
 第3章 保育者との出会い
 第4章 あそびとの出会い

体調のよくない子どもの保育

 高野 陽(北陸学院大学)
 西村重稀(仁愛大学)
 編著

病児・病後児保育事業をはじめ,
今般の施策の進展を完全に網羅。
重要課題・子育て支援における現代の要諦。

 第1章 保育所の健康
 第2章 病児・病後児保育事業
 第3章 体調の悪い子どもの保育
 第4章 課題と展望

保育の内容・方法を知る

保育課程論

 北野幸子(神戸大学)
 編著

保育課程の意味や計画・評価の方法を,
豊富な事例を挙げながら詳説。記録に親しみ,
記録を作成できる力量を培うために。

 第1章 カリキュラムの基礎理論
 第2章 保育カリキュラムの構造
 第3章 保育課程の基礎
 第4章 指導計画の基礎
 第5章 保育の計画の方法と技術
 第6章 保育評価の基礎理論
 第7章 保育評価の具体例1――要録
 第8章 保育評価の具体例2――保育の自己評価
 第9章 多様な保育の計画と保育評価
 第10章 これからの保育課程と指導計画――保育の専門職化をめざして
 コラム

教育課程総論

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 神長美津子(東京成徳大学)
 編著

教育課程・保育課程の意義と役割。
編成のための留意事項に評価の視点を強調。
あそびの中での学び・幼児とともにする生活。

 第1章 幼児教育の基本と教育課程
 第2章 保育内容の変遷と教育課程
 第3章 あそびと学び
 第4章 保育内容と領域
 第5章 発達の理解と教育課程の編成
 第6章 特色ある幼稚園づくりと教育課程の編成
 第7章 教育課程の評価・改善
 第8章 幼稚園における教育課程編成の実際
 第9章 保育所における保育計画の実際
 第10章 おもな国の就学前教育
 第11章 時代の変化と新たな保育内容
 コラム

指導計画法

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 神長美津子(東京成徳大学)
 編著

指導計画の意義と役割,作成上の留意点。
評価の視点を強化することで,よき保育実践へ
繋げる。

 第1章 保育における計画
 第2章 発達と保育内容
 第3章 保育内容と環境の構成
 第4章 活動と保育形態・指導体制
 第5章 遊具や用具と教材研究
 第6章 自然環境を活かした園環境
 第7章 地域環境を取り入れる
 第8章 指導計画の評価と記録
 第9章 幼稚園における指導計画作成の実際
 第10章 保育所における指導計画作成の実際
 コラム

幼児教育の方法

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 青井倫子(愛媛大学)
 編著

思考力の芽生え・協同的な学びの育成を加味。
幼少連携,子育て支援,カウンセリング・マインド,
評価,特別支援教育など,今日的教育課題にせまる。

 第1章 幼児期にふさわしい教育の方法
 第2章 幼児の主体的な生活を基盤とする保育
 第3章 遊びのなかの学びをはぐくむ保育
 第4章 方法としてのさまざまな保育形態
 第5章 保育における評価
 第6章 幼児期の教育と小学校教育の連関
 第7章 家庭や地域と連携した保育
 第8章 保育におけるカウンセリングマインド
 コラム

保育内容総論[新版]

 民秋 言(白梅学園大学名誉教授)
 千葉武夫(聖和短期大学)
 狐塚和江(元倉敷市立短期大学)
 佐藤直之
 編著

個々に深められた領域研究を,保育という営みに求心化する媒体となるような役割を担うのが本科目である。本書では領域研究の成果を視野に置きつつも領域の壁を超えて保育内容の基底をなす事柄を重点的に取り上げる。主に子ども・子育て支援政策の動向をふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1章 保育内容を総論としてとらえる
 第2章 子どもの発達と生活
 第3章 保育内容の変遷
 第4章 保育の特質
 第5章 保育内容と保育の計画
 第6章 保育内容とその展開
 第7章 保育の評価と記録
 第8章 保育者への道
 第9章 現代の保育の課題と保育内容
 付 章 保育所保育指針の改定から学ぶもの
 コラム

保育内容「健康」[新版]

 民秋 言(白梅学園大学名誉教授)
 穐丸武臣(名古屋市立大学名誉教授)
 編著

遊び空間の減少や少子化,育児の孤立化等により子どもの健康や発達を阻害する要因は多様化している。このような環境の中,保育者は子どもの豊かな心としなやかな身体を育て,社会化へ向け支援しなければならない。幼児期運動指針やアレルギー対応ガイドライン,児童虐待防止法の改定等,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1章 領域「健康」のめざすもの
 第2章 幼児の健康
 第3章 幼児の発達理解
 第4章 幼児のあそびの発達と健康
 第5章 幼児の体格・運動能力の現状と問題
 第6章 幼児の生活スタイル
 第7章 幼児の体格・運動能力測定法と評価
 第8章 幼児の安全管理と安全教育
 第9章 応急処置法
 第10章 運動体験を広げる体育的行事
 第11章 保育の計画と指導案
 コラム
 付録 新しい保育所保育指針・幼稚園教育要領の要旨と
    改定・改訂のポイント

保育内容「人間関係」

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 奥野正義(北海道教育大学函館校)
 編著

地域子育て支援にかかわる人間関係の主題で
章を組む。特別支援教育・自尊感情・人間関係の
希薄化など今日的問題意識を加味。

 第1章 現代社会と子どもの「人間関係」
 第2章 領域「人間関係」の考え方
 第3章 「人間関係」の新しい展開
 第4章 「人間関係」の発達とその問題
 第5章 あそびのなかで育つ「人間関係」
 第6章 保育者と子どもの「人間関係」
 第7章 「人間関係」でちょっと気になる子ども
 第8章 地域子育てにかかわる「人間関係」
 コラム

保育内容「環境」

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 湯川秀樹(文部科学省)
 編著

思考力の芽生えを担う環境に関して章を新設。
身近な環境特性を明らかにしつつ,
保育環境デザインのポイントを示す。

 第1章 保育内容「環境」の意義
 第2章 保育内容「環境」と幼児理解
 第3章 好奇心・探究心を育てる指導
 第4章 人的環境としての友だち,保育者
 第5章 物的環境としての園具・遊具・素材
 第6章 自然環境としての動植物
 第7章 日常生活のなかでの興味や関心
 第8章 地域・行事とのかかわり
 第9章 「環境」からみた道徳性の芽生えを培う指導
 第10章 乳幼児期の安全環境
 第11章 保育内容「環境」からみた実践的課題
 コラム

保育内容「言葉」

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 芦田 宏(兵庫県立大学)
 編著

体験と言葉の重視,伝え合いの重要性など,
要領・指針の変更点を大幅に補強。
ブックスタート,発達障害への視座を充実。

 第1章 子育てと言葉
 第2章 領域「言葉」
 第3章 言葉の獲得
 第4章 言葉を育てる環境
 第5章 言葉を育てる児童文化と地域文化
 第6章 言葉の育ちにかかわる諸課題
 コラム

保育内容「表現」

 花原幹夫(白梅学園短期大学)
 編著

友だちとの関わりから相手の表現を受けとめ,
自らの表現をより豊かにしていく過程を重視。
最新の創作活動へと誘うためにコラムを工夫。

 第1章 表現の意義について
 第2章 子どもの発達と表現
 第3章 子どもの表現をはぐくむ
 第4章 表現活動の援助指導について
 第5章 保育現場での実践と考察
 第6章 保育者自身の表現力をはぐくむ
 コラム

乳児保育[新版]

 増田まゆみ(東京家政大学)
 編著

0〜2歳という未熟性の高いこの時期の保育は,健康・安全面に十分配慮し,保護者との協力のもとに慎重に展開する必要がある。子ども・子育て支援政策や,乳幼児期の保健・栄養関連施策の最新の動向,データを盛り込んだ改訂新版。温かな人間性と諸科学の理論に裏づけられた保育実践力を身につけるために。

 序 章 子どもが心身ともに豊かに育つとは
      ――保育者(大人)との相互作用のなかで
 第1章 乳児保育の意義と基本
 第2章 子どもの育ち
      ――子ども理解に基づいた保育をするために
 第3章 子どもの生活と遊び
      ――保育所での1日の生活を心地よく
 第4章 乳児保育と保健衛生および安全
 第5章 子どもの食事
 第6章 保育の計画と記録
 第7章 家庭・地域との連携
 第8章 乳児保育の今後の課題
 コラム

障害児保育[新版]

 渡部信一(東北大学)
 本郷一夫(東北大学)
 無藤 隆(白梅学園大学)
 編著

現在,統合保育が増えてきているが,障害をもつ子に対しては,専門的な指導と地域での保育をバランスよく取り入れることが大切である。障害児保育の基本から具体的な保育方法・計画,そして家庭や地域との連携についてわかりやすく解説。障害者福祉政策や改正児童福祉法の動向をふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1部 障害児保育とは
  第1章 障害児保育とは
  第2章 障害児保育の歴史と理念
  第3章 障害児保育の対象とその特徴
 第2部 障害児保育の方法と計画
  第4章 障害児の生活に関する保育方法
  第5章 知的遅れのある子どもの保育
  第6章 からだの不自由な子ども・病気がちな子どもの保育
  第7章 行動と情動の調整のむずかしい子ども
  第8章 言葉の遅れのある子どもの保育
  第9章 園での保育の計画
 第3部 家庭・地域との連携
  第10章 障害児保育に関する関連機関との連携・協働
  第11章 障害のある子どもの保護者への支援
  第12章 保護者の声から学ぶ
 コラム
 付 録 「障害児保育」に求められる新たな方向

社会的養護内容[新版]

 福永博文(浜松学院大学短期大学部)
 編著

子どもとその家庭の問題解決の一つの方法として,児童福祉施設での援助がある。本書では,子どもの将来を見通した児童福祉施設における理念と具体的な援助の内容を中心にまとめ,子どもの理解と対応についても心理学的な面から臨床経験を踏まえて述べている。改正児童福祉法の動向をふまえ最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1章 児童福祉施設における児童の社会的養護(援助)
 第2章 児童福祉施設における子どもの心の理解
 第3章 児童福祉施設における社会的養護(援助・支援)の理念
 第4章 児童福祉施設における社会的養護(援助・支援)の内容
 第5章 各児童福祉施設における具体的な社会的養護(援助)内容
 第6章 児童福祉施設の援助者
 第7章 家庭支援の基本とその内容
 第8章 児童福祉施設における社会的養護(援助)の課題
 コラム
 付 録 児童福祉施設入所児童の心を理解した援助

保育相談支援

 福丸由佳(白梅学園大学)
 安藤智子(筑波大学)
 無藤 隆(白梅学園大学)
 編著

地域の資源の活用や関係機関との連携を含め,
保育・心理・福祉など多様な領域から,
保護者支援の内容と方法を詳説。

 第1部 保育相談支援の意義と現代の親子の姿
  第1章 保育相談支援のめざすもの
  第2章 現代の子育てに関する問題と保育相談支援
  第3章 子どもの育ちと園での経験
 第2部 園における保育相談支援の取り組み
  第4章 園における保育相談
  第5章 保育相談における連携
  第6章 発達の気になる子どもとその家庭への支援
  第7章 養育の課題を抱える家庭への支援
 第3部 地域に向けた保育相談支援の取り組み
  第8章 地域の子育て家庭に対する保育相談支援
  第9章 施設における保育相談支援
 第4部 保育相談支援のための視点と方法
  第10章 保育相談に求められる姿勢と技法
  第11章 保育相談の具体的な流れ
  第12章 保育者の成長と研修のあり方
 各章演習課題つき

保育臨床相談

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 菅野信夫(天理大学)
 中橋美穂(大阪教育大学)
 編著

保育者に求められるカウンセリング・マインドとは。
認定子ども園の施策進展をふまえ内容を吟味。
理念に基づきQ&A形式で実践的課題に答える。

 第1部 理論編
  第1章 幼児期の子どもの育ち
  第2章 保育者の役割と専門性
 第2部 実践編
  第3章 保育現場でぶつかるさまざまな問題@保育者の場合
  第4章 保育現場でぶつかるさまざまな問題A実習生・初任者の場合

保育・福祉を知る

保育原理[新版]

 民秋 言(白梅学園大学名誉教授)
 千葉武夫(聖和短期大学)
 河野利津子
 編著

「保育原理」とは,健やかな子どもの育ちと子育て支援とを目的・課題とする時の基本法則・要素のことで,保育者養成課程の中核科目といえる。本書では,保育の本質や目的,方法から現代の保育の課題まで,重要な各テーマを詳述。主に子ども・子育て支援政策の動向をふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1章 保育の本質
 第2章 乳幼児の理解
 第3章 保育の歴史
 第4章 保育の目的
 第5章 保育のねらいと内容
 第6章 保育の方法
 第7章 保育の環境
 第8章 教育課程・保育課程
 第9章 保育者の専門性
 第10章 現代の保育の課題
 付 章 保育所保育指針の改定から学ぶもの
 コラム

教育原理

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 森 眞理(前東洋英和女学院 東洋英和幼稚園)
 編著

教育基本法,学校教育法の改正をはじめ,
教育にまつわる大きな動きを追尾。
諸外国の最新の実状を掲載。

 第1章 人間を探ることから教育を考える
 第2章 歴史を探ることから教育を考える
 第3章 学校のしくみを探る
 第4章 諸外国の学校のしくみをみる
 第5章 現代の教育課題について考える
 第6章 未来をひらくために
 コラム
 ブックガイド

児童家庭福祉[新版]

 植木信一(新潟県立大学)
 編著

専門職者として必要な制度や社会資源の紹介はもとより,歴史的な視点や,より有効な児童家庭福祉のあり方等についても解説。専門職者が「児童家庭福祉」を現場や地域で具現化できる主体であるという自覚を促す。改正児童福祉法や子ども・子育て支援政策の動向をふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1章 児童家庭福祉の視点
 第2章 子どもの権利保障の歴史的展開とその意義
 第3章 子どもの福祉に関する法と制度
 第4章 児童家庭福祉の実際
 第5章 国際社会と児童家庭福祉
 第6章 子育て支援施策の動向
 コラム
 付 録 児童福祉等関連部分のポイント

社会福祉[新版]

 片山義弘
 李木明徳(広島文教女子大学)
 編著

我が国の社会福祉は,かつては限られた範囲で限られた人を対象としたものであったが,その後広く国民全体を対象に,ニーズも多様化してきており,社会福祉従事者だけでなく,現代社会を生きる者にとって必須の学びと思われる。主に障害者福祉施策や改正児童福祉法の動向をふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 第1章 現代社会と社会福祉の意義
 第2章 社会福祉と子ども家庭福祉
 第3章 社会福祉の制度と実施体系
 第4章 現代社会と相談援助の意義
 第5章 社会福祉の専門職・実施者
 第6章 わが国の社会福祉
 第7章 利用者保護制度
 コラム
 付 録 全国保育士会倫理綱領/社団法人日本社会福祉士会倫理綱領

相談援助[新版]

 片山義弘
 李木明徳(広島文教女子大学)
 編著

相談援助を必要とする諸問題を提起しつつ,その問題解決に向けて,新しい援助技術の方法の産出を試みている。特に児童福祉領域の相談援助の具体例を紹介しながら,これから学ぶ学生に参考資料を提供しようと努めている。子ども・子育て支援政策や改正児童福祉法の動向をふまえ,最新データを盛り込んだ改訂新版。

 序 章 社会福祉相談援助活動のあゆみと歴史,そして相談援助へ
 第1章 保育と相談援助
 第2章 相談援助の方法と技術
 第3章 相談援助の具体的展開
 第4章 保育所や児童福祉施設における支援の実際
 コラム

社会的養護[新版]

 櫻井慶一(文教大学)
 編著

従来の狭義の「社会的養護」の概念は,通所・居住型施設での養護の実践を意味していたが,近年では里親等の家庭的養護も含めその範囲は拡大している。本書では,それらの社会的養護の理念と基本原理,また,施設体系ごとの支援内容・方法のポイントを示し,社会的ニーズに応える方途を探る。好評の『社会的養護』の改訂新版。

 第1章 現代社会と社会的養護問題
 第2章 社会的養護の国際的発展とわが国の特徴
 第3章 社会的養護の対象と体系
 第4章 社会的養護の理念と基本原理
 第5章 施設での社会的養護の支援内容
 第6章 施設での社会的養護における援助技術
 第7章 児童福祉施設の運営管理
 第8章 社会的養護の今後の課題
 コラム
 付 録 わが国の養子制度をめぐって

保育者論[新版]

 小田 豊(聖徳大学教授・文部科学省視学委員)
 笠間浩幸(同志社女子大学)
 柏原栄子(大阪人間科学大学)
 編著

子どもの幸せと成長に資するための保育者としての在り方とは。児童福祉法の改正や子ども・子育て支援政策の動向など,保育者を取り巻く近年の動きを見据えつつ、保育のさまざまな実態にも機敏に対応できる保育者の専門性を考える。「〜べき論」を超えて,一人の人間として考え学び,意欲・好奇心をもって保育に取り組むために。

 序 章 ある新人保育士からの手紙
 第1章 保育者として求められる資質とは
 第2章 保育という仕事
 第3章 子どもの成長・発達への視点
 第4章 家庭における子ども,親との連携
 第5章 地域のなかの保育者・施設
 第6章 保育者集団と職場環境づくり
 第7章 自己変革ができる保育者・園の課題
 コラム
 付 録 新しい「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」と保育者の課題

保育の現場を知る

保育所実習

 民秋 言(白梅学園大学名誉教授)
 安藤和彦(京都文教短期大学)
 米谷光弘(西南学院大学)
 中西利恵(相愛大学)
 編著

保育所保育指針の改正内容が読み取れるよう,
Q&Aの記述を工夫。今日的な趨勢を踏まえた
未来の保育者へのメッセージ。

 第1章 保育所保育士になること
 第2章 保育所実習とは
 第3章 実習までにしておくこと
 第4章 実習が始まったら
 第5章 実習が終わったら
 終 章 未来の保育者へのメッセージ
 付 録 保育所保育指針の改定と保育士養成課程の改正と保育所実習
 資 料 保育実習実施基準/教科目の教授内容/保育実習の目標と内容

施設実習[新版]

 民秋 言(白梅学園大学名誉教授)
 安藤和彦(京都文教短期大学)
 米谷光弘(西南学院大学)
 中山正雄(白梅学園短期大学)
 編著

前半はQ&A形式で施設実習のさまざまなシチュエーションを想定し,子どもや職員との関係等,実習生が疑問に思うことにわかりやすく答え,後半では各児童福祉施設の具体的な生活を紹介する。改正児童福祉法の動向をふまえ最新データを盛り込んだ改訂新版。実習担当教員にも指導の参考となる活用度の高い一冊。

 第1章 施設実習とは
 第2章 実習への準備
 第3章 実習の展開
 第4章 施設の理解のために(1)
 第5章 施設の理解のために(2)
 コラム
 付 録 実習生が知っておくべき社会福祉の法律,児童福祉法の改正
 資 料

幼稚園実習

 民秋 言(白梅学園大学名誉教授)
 安藤和彦(京都文教短期大学)
 米谷光弘(西南学院大学)
 上月素子(神戸常盤大学短期大学部)
 編著

幼稚園教育要領に由来する内容は,子育て支援,
幼少連携,保育内容など改訂ポイントをおさえ
記述を充実。

 第1章 幼稚園教諭になること
 第2章 幼稚園実習とは――手続き・カリキュラムについて
 第3章 実習までに学びたいこと
 第4章 実習までにしておくこと
 第5章 実習が始まったら
 第6章 実習を終えて
 終 章 未来の保育者へのメッセージ
 付 録 大きな教育の流れのなかでの幼稚園教育