新 保育ライブラリの特色

 

●新しい保育所保育指針・幼稚園教育要領などに対応

2008年春に告示された新しい「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」,それらを元に厚生労働省から出された「保育所保育指針解説書」,文部科学省から出された「幼稚園教育要領解説」の内容に対応しています。これら法制度の改正・改訂に携わった編集委員・編者・執筆者たちが,その背景や基本理念に立ち帰り,記述内容の充実に努めました。また,旧「保育ライブラリ」シリーズ発刊時からの社会・家庭・保育の現場での変化を踏まえ,新たな研究成果を盛り込みながら,アクチュアルな課題への取り組みを進めています。

 

●4つの柱「〜を知る」のもと,各巻をラインナップ

保育者(保育士・幼稚園教諭)養成校での授業カリキュラムの教科目や,保育士試験の試験科目を網羅する形で各巻をラインナップしました。また,これらに加え,特色あるテーマを掲げる巻をシリーズ内に揃え,多方面から保育・幼児教育の世界を考察しています。実践的な内容も盛り込んでありますので,授業の副読本として,現場の保育者のみなさまの振り返りの一助としてもご利用いただけます。「見つけやすさ」を考慮し,各巻は「子どもを知る」「保育の内容・方法を知る」「保育・福祉を知る」「保育の現場を知る」の4つの柱で領域分け(新デザインによるカラー分け)をして配置しております。

 

●授業に使いやすく,自学自習にも向く,A5判・160〜180頁台のコンパクトなサイズ

養成校での半期の授業に対応できるよう,基本的で重要な内容にポイントを絞り,頁数をおさえました。旧「保育ライブラリ」シリーズは,全国350校を超える大学・短大・専門学校でお使いいただき,ご好評をいただいておりました。「新 保育ライブラリ」シリーズは,その特長を引き継ぎつつ,さらに進化した読みやすさを追求しています。学生さんに「テキストを読了した」という達成感を持っていただくのにも最適です。

 

●社会・法制度の動きを把握する「巻末付録」を追加

主要な巻では,新たに加えた「巻末付録」にて,各テーマに関わるところで今般の「保育所保育指針」改正,「幼稚園教育要領」改訂のポイントを詳しく解説しています。また,ここでは「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」のみならず,保育に関わる領域での社会・法制度の変化などを盛り込んでいます。養成校の教員のみなさまの授業計画づくりのお供に,また旧制度の元で学ばれた現場の保育者・施設管理者のみなさまのブラッシュアップにも最適です。

 

●コラム・推薦図書・研究課題つき

旧「保育ライブラリ」シリーズで,ほぼ全巻に設けておりました「コラム」につきましては,社会情勢の変化などを踏まえ,必要な見直しを加えています。トピック的なことがら,あるいは本文を補足する内容をさらに充実したかたちで紹介しております。また,読者が学習,研究を深めるのに適切な「推薦図書」や主体的学習に取り組める「研究課題」を付しています。

 

●事例,写真,図表を豊富に掲載

子どもの具体的な生活場面や写真を多く盛り込み,生き生きとした内容を伝えます。また,内容理解の手助けとなる図表も豊富に配置されています。

 

●多彩な方面からの執筆陣

元来,「保育」の領域には多様なアプローチが可能です。保育・幼児教育の専門家に加え,教育・福祉・心理など周辺分野の研究者の力を結集してシリーズを織り上げています。また,研究者以外に現場保育士・幼稚園教諭等を執筆陣に迎え,幅広い視点から保育の実像に迫ります。